トップページ > タウンコンセプト > タウンコンセプト03 子供たちの感性を育み、豊かな未来を創る。
子供たちの感性を育み、豊かな未来を創る

心地良い海と暮らす毎日が、健やかな未来を形成する。


大切なことは、海が教えてくれる。
海と街、人との、よりよい関係が、子どもたちの心豊かな成長を見守る。

 子どもたちにとって、家は、生活の場であると同時に、健やかな成長に必要な「感じる力」「考える力」「伝える力」「遊ぶ力」を暮らしの中で身につける場でもあります。そうした力の多くは、机の上ではなく、本物の自然や人とのふれあいを通して育まれます。
  「朝霧が丘」から目の前の大蔵海岸までは歩いて5分。散歩の途中に親子で海辺の生き物を見つけたり、時には友だちと小さな冒険に心を躍らせたり…。近所の森や夏の海で夢中になって遊んだ体験は、子どもたちの、自然の声に耳を傾ける感性や思いやり、柔軟で力強く生きた知恵を育ててくれます。そして、体験から生まれる濃密な記憶は、家族や友人との大切な思い出。

美しい海と爽やかな陽光に誘われて、家族と家族が時を重ね合う。
人の絆が育つ「街」の創造。

 明石の海を一望し、丘の上にさんさんと陽光が降り注ぐ「朝霧が丘」。ロケーションに恵まれたこの街では、お散歩やお出かけの際、家族同士がごく自然に顔を合わせる機会も増えるでしょう。
  日々の暮らしに海や緑が彩りを添え、人と人、家族と家族が時を重ね合いながら街とともに成長していく。住民に交流が生まれ、コミュニティとして成熟を深める「朝霧が丘」では、豊かな未来へつながる理想の街のカタチが息づいていくことでしょう。


このページのトップへ